鬼武者Soul公式プロモーションサイトへ 鬼武者Soul公式メンバーサイトへ

洒落怖エピソードブログ

洒落にならないような怖い話、通称「洒落怖」な話を集めてみました。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ

いたずらですまない

こんばんは、こうちゃんです。

僕の彼女はイタズラ好き。二人っきりなのに、いきなりちっちゃな両手で「だーれだっ!」なんてしてくる。
答えたら「良くできました」ってよしよししてくれるのは嬉しいけど、それより早く手をどけてよ。

僕の彼女はすぐ拗ねる。この前バイトで帰りが遅くなった時なんて、布団被ってふて寝してた。
おまけに直後に来たメール、「今日友達と飲み会で遅くなるね>
僕の彼女は少しドジ。僕の帰りをクローゼットに隠れて待ってたらしいが、長い髪の毛が
扉の隙間からはみ出ててるぞ。意地悪して玄関の外で出てくるのを待ってたら、照れ隠しか
わざわざ髪まで濡らして出てきて「お風呂入ってたんだー」なんて嘘をつく。

僕の彼女はすごく物知り。「さんずいにしめすへん」って漢字知ってる?
なんか、僕にぴったりな漢字らしいんだけど、どんな辞書にも載ってないんだ。

僕の彼女は花が好き。彼女が植えたあじさいの花、そう言えば死体を埋めた場所のあじさいの色が
変わって事件発覚、なんて話を読んだことがあるよと言うと、でたらめと彼女は言う。「そんなことなかったよ」って。

僕の彼女は子ども好き。公園なんかに行くと絶対子どもたちに囲まれる。でも時々、
怯えたように彼女に近づかない子もいる。彼女も「見えてるものは同じはずなのにね」と首をかしげる。

僕の彼女は負けず嫌い。サザエさんじゃんけんで毎回負けて悔しがる。僕とやっても
いっつも負ける。「鏡の自分には勝ったもん!」って、そりゃ良かったね。

僕の彼女は向こう見ず。隣がうるさかった時、相手は集団だろうしと泣き寝入りの僕を尻目に単身、
文句を言いに行った。帰って来た彼女が笑って「一人だったよ、テレビと話してただけ」って、なーんだビビッて損した。

僕の彼女は少し意地悪。「ロープ買ってきて」って言うからどんなの?って聞くと「首吊れる奴」って、
僕が驚いて「自殺なんてしないでよ!」って言うとイタズラっぽく笑って「自殺はしないよ」って、もう脅かさないでよ!

---

これあかんやつや、
いたずらじゃなくて、
普通に他殺じゃないのw

こうちゃん

食ってしまった!?

こんばんは、こうちゃんです。

これはあかんやつですね。

---

俺には妹が三人いる。
同じ両親から生まれたのが信じられないくらい、性格も趣味も違うけど、唯一共通するのは妹たちは最高だってこと。
毎年俺の誕生日はご馳走が並ぶ。
妹たちの料理はうまい。
一昨年は長女のハンバーグだし去年は次女のシチューで今年は末の妹の番だってさ。
うらやましいだろお前ら。

---

まさかの、
この感想ってことは・・・
妹を食ってしまった、んでしょうねえ。

こうちゃん

幽霊の訪問

ある日、Aのもとに友人Bから電話があった。 
「なぁ、俺んちから幽霊が見える」 
まさかそんなと笑いながらもBの必死の訴えと、幽霊に対する興味も手伝って、Bの両親が出掛ける夜、Bの家に泊まることになった。 
夜中になり「ほんとに出るのかよ~」などと、二階のBの部屋で話していると、Bが窓から外を見て小声で言った。 
「いる、いるよ!あそこの外灯の下に、女と子供が立ってる!ずっとあそこにいるんだよ…」 
どれどれ。Aが見てみると、確かにいる。白い服を着た女が子供の手をひき、チカチカ点滅した外灯の下に立っている。 
ふと、女がこちらを見た気がした。 
「おい、今見られたかも」と言うと、Bは急いで窓に駆け寄り外を見た。 
「いない…。」 
その時だ 

 ピ ン ポ ー ン 

A「あ、おばさんたち帰ってきたんじゃね?」 
B「親がチャイムならすかよ!見ろよ幽霊いなくなってんぞ!うちにきたんだよ!」 
A「まさかぁじゃあ俺が出るよ」 
嫌がるBを引っ張り玄関におりる。 

ピ ン ポ ー ン 

Aがドアを開けると、そこには外灯の下にいた女と、子供がいた。 
二人とも俯いて顔は見えなかったが、子供が何か言っている。声が小さくて聞こえない。 
Bはガタガタ震えている。 A「なんだよアンタたち。夜中に迷惑です」 
その時、子供の腕が片方ないことに気が付いた。瞬間ふ…と子供が顔を上げ  

 オマエの 腕をくれ! 

と叫びながらAに向かって突進してきた。 
Aが目を覚ましたのは朝方になってからで、聞いた話によると幽霊はAを擦り抜けそのまま消えたそうだ。その後どうなったかは知りません

座敷女?

ちょっと前の土曜日にあった話。 

俺はアパートの2階で一人暮らししてるんだけど、あんまりにも暇だったから家でゲームでもしようかと思って、友達(以下S)を電話で呼びだした。 
Sも暇だったらしく、コンビニで何か買ってから来てくれるとのこと。 
時間は大体夜10時くらいだったと思う。 

Sは家から大体1時間くらいの所に住んでるけど、コンビニに寄ってくるって言ってたから、多分1時間半くらいかかると予想。 
片づけしたりちょっとテレビつけたりして、気付いたら12時になってた。 

ガンガンガンガンガン!!!! 

と、突然玄関のドアを叩かれた。Sが来たと思ったよ。 
呼び鈴くらい鳴らせよな~とも思ったけど、まぁあんまり気にしないでドアを開けようと思って、いつもの癖でのぞき穴をさっと見た。 

あれ?と思った。誰もいない。 
いや、何か右端の方に黒い頭みたいのが見えた。 
隠れてるのかと思って、ドアを開けようとしたら、突然携帯が鳴った。 
Sからだったのでとりあえずドアは開けずに電話に出てみる。 

するとSは物凄くせっぱ詰まった感じで 
「おまえ絶対にドア開けるなよ!!!」と言ってきた。 
「何でよ?」って聞いたら 

「お前のアパートの階段を、女が四つん這いで昇ってたんだよ!!!」

もうそれからはガクガクブルブルで、布団の中で2時間くらい震えてた。 
Sは「ちょっと待ってろ」って電話切ったきりかけてこないし。 
そんで深夜2時過ぎにSから電話がきて、「今アパートの前にいるからすぐさま中に入れてくれ」と。 
のぞき穴で確かにSがいるのを確認して、Sを入れてから速攻でドア閉めた。 

そんで話を聞いたら、Sは予定通りコンビニに寄って、原付きで俺のアパートまで来たらしい。 
俺のアパートがある所は夜になるとほとんど人通りが無くなるんだけど、アパートの階段が見えてくる位置あたりで、何か黒いものが動いてるのが見えたって。 

それが人間で、髪の長い女だってわかった時点で、Sもガクガクブルブル。 
女が四つん這いで階段を昇ってる…。 
しかもカマキリみたいな動きで、手が前後にガクガク動きながら一段一段ゆっくり昇ってたらしい。 
貞子の動きが更にスローになった、とか言ってたけど。 
Sはびびって原付きで逃亡。コンビニに戻って人がいるのに少し安心してから「あの女どこに行こうとしてたんだ?」と気付いて、慌てて俺に電話した。 

その後すぐに戻ってまだあの女がいたら怖いから、2時間くらいコンビニで時間潰してたらしい…。 
遠くから様子見たら、もう女はいないっぽかったので、また俺に電話したと。 

ひょっとしたら頭のおかしい女だったのかもしれない、と思うけどSはとにかく「あれは人間の動きじゃなかった!」と主張しまくりで、Sに騙されてるのかとも思ったけど、あの時のぞき穴の隅に見えた黒い頭は女のものだったんじゃないかと思うと、ドアを開けなくて本当に良かった…。 

その後別に何もないし、この辺で何か事故があったとかも聞いてないから今はまだ普通に暮らしてるけど、やっぱりドアを開ける前は必ずのぞき穴を見るようにしてるよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
リンク集
全国占い情報占いスポ
猫施設や猫雑学が充実の猫スポ
ピラティス会場情報ならピラティスポ
ダンスを楽しめる場所情報のダンスポ
全国スケボー情報のスケボースポ
全国トランポリン場情報スポトラ
ヨガをするならスポヨガ
ボルダリング場情報充実のボルダリングスポ
銭湯や温泉を楽しむならスポ湯
いつでもトレーニング!スポジム
お出かけするなら公園スポ
アウトドア情報ならキャンプスポ
スポーツスポット検索スポスポ
スポスポ公式ブログ「スポブロ」
卓球場ならスポ卓
オートテニスをはじめテニスを楽しむスポテニ
全国バク転練習場情報スポバク
全国トレーニングジム情報スポジム
日本全国トランポリンク
スポスポグループ紹介のスポスポータル
泉佐野 整形外科
B級グルメ紹介_ローカルグルメの数々
CPU・PC大全
FireFoxアドオン紹介
googleで遊べる!楽しい隠しコマンド集
NAVERまとめブログ
PC高速化ナビ
PC高速化レシピ_windowsマシンの高速化メンテナンス方法紹介
SEO対策研究ブログ
WEBエンジニア奮闘記
yahoo身代わりサイトやほお
アウトドア満喫ブログ
アフィリエイト燃えPaPaバカ一代
うま過ぎパスタメニューブログ
おいしいご当地寿司紹介
おいしいピザメニューブログ
おいしい卵料理
おいしくて人気の丼物大全
おもしろgifアニメブログ
おもしろWEB漫画・脱出ゲーム紹介ブログ
おもしろおかしな千葉県あるあるブログ
おもしろおかしな渋谷あるある
おもしろおかしな田舎あるある
おもしろお役立ちまとめ
おもしろお役立ちまとめ紹介のフラットまとめ
おもしろサイト紹介
スポンサーリンク